講師紹介

村越 豊(むらこし ゆたか)

サキソフォン科

ドルチェ音楽教室代表


洗足学園音楽大学サキソフォン科卒業


サックスを鈴木英之、冨岡和男、須川展也の各氏に師事。

松尾祐孝氏の楽団に参加しシンガポールにて行われたWASUBE世界吹奏楽大会に出演。
アルフレッドリード作曲「さくら」をリード氏指揮のもとS,saxソリストとして演奏、好評を博す。
中・高校等の教育機関はもとより、ブライダル関連の依頼演奏やその他、ライブ演奏も精力的に行っている。

 

村越 光(むらこし みつる)

サキソフォン科

昭和音楽短期大学サキソフォン科卒業(技能賞受賞)


サキソフォンを秋本康夫、宗貞啓二の各氏に師事、合奏法を小笠原長孝氏に合唱法を奥田良三氏に師事。

横浜新人演奏会 神奈川県新人演奏会に出演。
神奈川県警音楽隊入隊後、神奈川県警察官として勤務、2011年に退職。

神奈川県内において中学校、高等学校の吹奏楽部のサキソフォン部門の講師も勤めている。


 

村越 景子(むらこし けいこ)

サキソフォン科

洗足学園音楽大学サキソフォン科卒業


サックスを榎本貴、鈴木英之の各氏に師事、ラージアンサンブルを村越光氏に師事、室内楽を二宮和弘氏に師事。


 

久保崎 泰隆(くぼざき やすたか)

サキソフォン科

洗足学園音楽大学サキソフォン科卒業


クラシックサキソフォンを佐藤典夫、松井宏幸、野原武伸、大城正司、池上政人の各氏に師事、室内楽を二宮和弘氏に師事、リコーダー奏法を矢沢千宜氏に師事、ジャズ・サックス、フルート奏法を菊地康正氏に師事。

日本吹奏楽指導者協会 吹奏楽演奏技能検定1級。
ヤマハグレードテスト、サキソフォン4級。

『THE SAX』に、アレンジ楽譜、「美女と野獣(サキソフォン5重奏版)」を掲載。


 

高嶺 千鶴(たかみね ちづる)

サキソフォン科

洗足学園音楽大学サックス科卒業


千葉県山長夷個人コンクール金賞を受賞。
第16回大阪国際コンクール本選出場。


サキソフォンを大和田雅洋、服部吉之、ピアノを石田多紀乃、フルートを上田恭子各氏に師事。


2016年3月に第一回サキソフォンリサイタルを行い好評を博す。


 

村越 友紀子(むらこし ゆきこ)

ピアノ科

東京音楽大学ピアノ科卒業


ドルチェ音楽教室主催、ピアノ講師。
一音会 絶対音感インストラクター。

ピアノ奏法を田中茉莉子氏に、打楽器奏法を繁泉秀明氏に師事。


大学卒業と同時に指導者に転向し、1976年に「ドルチェ音楽教室」を開校。「アマチュアからプロ志向まで、幅広い音楽人が共有できる空間を作りたい」という、当初からの理想に向けて運営、研究を続ける。


 

安池 真理子(やすいけ まりこ)

ピアノ科

国立音楽大学音楽学部音楽教育学科音楽教育専攻リトミック専修卒


在学中リトミック音楽教育を江崎正剛氏のゼミにて勉強。
これまでにピアノを舘美佐子、内田倭文子、宮本裕子、山口英里子の各氏に師事。
エレクトーンを河岸政也氏、声楽を小串昭子、土居規子各氏に師事。

ヤマハ音楽教室講師

初めてピアノに触れる子供の導入期の指導を得意とする。

 

鈴木 麻依加(すずき まいか)

ピアノ科

洗足学園音楽大学ピアノ科卒業


第6回ベーテンピアノコンクール全国大会第2位入賞。

平成25年度学内のピアノアンサンブルコンペティション最優秀賞。
平成25年度室内楽セレクション認定。
平成26年度特別選抜演奏者認定。平成24年度前田音楽奨励賞を授与される。
ヤマハ音楽教室ピアノ講師。
洗足学園音楽大学伴奏要員、準演奏補助要員。
ピアノを山下高子、木幡律子の各氏に、チェンバロを岡田龍之介氏に師事。

 

小粥 絢也乃(おがい あやの)

ピアノ科

浜松学芸高等学校芸術音楽科ピアノ専攻卒業
洗足学園音楽大学ピアノ科卒業


ウィーン国立音楽大学にてマインハルト・プリンツ氏に師事。
高校、大学ではピアノを山崎恵子氏、江崎昌子氏に師事。


洗足学園音楽大学伴奏要員、準演奏補助要員。


 

秋山 諒子(あきやま あさこ)

フルート科

湘南高校卒業
洗足学園音楽大学フルート科


フルートを林晃子氏、吉岡アカリ氏に、室内楽を辻功氏、田渕哲也氏に師事。


フルートカルテットSifflet Paletteメンバー


 

菊池 大助(きくち だいすけ)

ベース科

洗足学園音楽大学ジャズ科卒業


ベースを納浩一、岡田治郎、水谷浩章の各氏に師事。

東京・湘南地域にて重点的にライブ活動を行っている。
他、湘南地域を中心に中学校等の吹奏楽部講師も勤めている。